太陽光発電は他の発電方式に比べて発電単価が高いために国の政策で普及を図ることが必要ですが、政策のブレで普及率が大きく変動します。 ☆1★

太陽光発電は地球温暖化ガスを排出しないクリーンなエネルギーであるためにその普及が急がれていますが、この発電方式は他の発電方式に比べて発電単価が高いため、国の政策なしでは普及が進まない状況にあります。つまり、太陽光発電の普及率は国の政策により大きく左右される状況にあるのです。たとえば、日本の太陽光発電は2004年までは太陽電池セルの生産量、普及率とも世界でトップでした。しかし、2005年に太陽光発電への補助金制度が打ち切られたために普及にストップがかかり、太陽電池セルの価格も下げ止まりの状態に陥りました。一方、ドイツでは2004年に固定価格買取制度が始まり、太陽光発電の普及が一気に拡大したために、2005年には日本を抜いて太陽光発電トップの座に踊り出ました。その後もドイツでは太陽光による発電の普及は着実に伸びていて、現在でも累積導入量世界一の座を守っています。

マンスリーレンタカーっていったいどういうものでしょう?

大阪で開催!真剣に結婚を考えた人のパーティー

パンプス 通販 格安

ホームページ制作を格安でやってくれるお店ありませんか?

リンク